まさかの日本初の◯◯なロボットアニメだった!『UFO戦士ダイアポロン』

モバイル機器に魅せられたが故に迫る悶える危機!すべては物欲のままに・・・

去年(2016年)に40週年を迎えたロボットアニメ『UFO戦士ダイアポロン』

皆様御存知でしょうか?

それを機に、今年関連グッズが続々登場します。

まずBlu-ray

1976年(昭和51年)4月6日から9月28日まで放送された全26話。

そして新たなシーンを加えて再編集を施した続編『UFO戦士ダイアポロンII アクションシリーズ』の全21話もBlu-ray化。

なんと、このダイアポロン、日本初の『複数の人型ロボットが合体して1体の巨大ロボットとなる設定を導入』したロボットアニメだったんですね。

コイツと

コイツと

コイツが

合体して、コイツになるんです。

当時はカッコいいと思って観てましたが、今見るとそうでもねぇ・・・

むしろカッコ悪い・・・・(*´Д`)

まぁ幼心を思い出し、ワクワクした感じを呼び起こすというのは大事なことですから、そういう『実はかっこ悪かった』という事実も含めて受け止めることで逆にまたカッコよく見えたりするもんです。

機会があれば見なおしてみたいもんですが、Blu-rayを買ってまでは・・・というのが正直な気持ちでしょうかね(^_^;)



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © PDA×TPO@物欲狂抑鬱症 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ